レンタル彼女ってどこまでのことをするの?エッチはある?

レンタル彼女

彼女代行サービスとして話題を集める「レンタル彼女」。
好みの女性と気軽にデートが楽しめるのですから、人気が出るのも頷けます。

しかし実際のところ、レンタル彼女ってどこまでのことをするのか?よくわかりませんよね。

エッチはあるのか?それとも完全にデートのみなのか?気になる疑問を解決です!

レンタル彼女ってどこまでできる?

レンタル彼女ってどこまでのことをするの?これは男性・女性両方が持つ疑問と言えるでしょう。
利用する側としては「どこまでOKなの?」と思いますし、働く側も働く側で「どこまですべき?」と考えるものです。

基本的にレンタル彼女では、性的なサービスが禁じられています。
例えば実際の恋人だったら、時と場合によってはセックスやキスをすることもあるでしょう。

しかしレンタル彼女の場合そうはいきません。
あくまで恋人気分を味わうサービスなので、肉体的な接触はNGです。
これはあらゆる業者のサイトなどにも利用規約として書かれています。
そのためドライブやカラオケなど、個室で二人っきりになるデートはできません。

ただ「手繋ぎならOK」としている業者もあるとか!
例えばデート中に手を繋ぎながら歩いたり…など、それくらいなら問題なしというわけです。

男性からするとちょっと残念かもしれませんが、女性からすれば安心感があって良いですよね。
そもそもレンタル彼女は風俗ではないですし、ヤレなくて当然…と言えるでしょう。

レンタル彼女とのエッチはある?

水商売の世界だと、セックスをしてお客をGETすることがあります。
いわゆる「枕営業」というやつですね。
本来であれば望ましくない行為ですが…こうしたズルい行いで稼いじゃう女性も結構いるわけです。
枕営業OKな女性はすぐエッチさせてくれるので、男性にとっても非常に都合が良いと言えますね。

では、レンタル彼女の場合はどうなのでしょうか?

レンタル彼女は水商売ではないですが、「男性相手の接客」という意味では同じですからね。
レンタル彼女の世界でも枕営業ありとなれば、それはすなわちエッチありということになります。

しかしレンタル彼女の場合、枕営業をすることは滅多に無いようです!

やはりレンタル彼女で働く女性のほとんどは、副業感覚で気軽にお仕事していますからね。
「枕してでも客を取る!」という必死な考えに至ることがほぼ無いのです。
そのためレンタル彼女とのエッチはナシと言えます。

ただ正直なところ、絶対ないとは言い切れません。
「エッチが大好き」「ガードが緩い」、それこそ「枕営業もしちゃうぞ」というタイプならば、ヤッちゃう可能性はあるでしょう。

エッチなしで稼げるけど…

エッチなし・デートのみで高収入!というのは女性からすると嬉しいですよね。
ただ実際は、メールのやりとりやブログの作成など、デート以外にもやるべきことがあるんです。

また必ずお呼びがかかるとは限らないので、人によっては少々じれったく感じる可能性も。
水商売にそれほど抵抗がないタイプであれば、「えーい!もうレンタル彼女などやってられるかー!」と思うかもしれません!?

そんな時にぜひ試してみてほしいのが、出会い系型新風俗マッチングサービス・sanmarusanです。

メールで打ち合わせをしてからデートをする、という点はレンタル彼女と同じですが…。
sanmarusanの場合、お店が介在していないので、中抜きされることがありません。
ゲストから支払われたお金がそのままあなたのお財布に入っちゃうのですよ。たまりませんよね。
「中抜きナシで丸ごとGET」と思うと、メールのやりとりなども不思議と面倒に感じないものです!

またsanmarusanであればアダルトな関係も可能ですからね。
風俗に抵抗を感じない人なら、エッチなサービスをしてあげるのもアリです。
レンタル彼女と違いエッチもできる…これは男性側にとっても最高と言えるでしょう。

そしてもしメッセージが来ない場合は、自らアピールすることも可能!
すなわち「オファー来ないなあ…」とぼやきながら待つなんてこともナシ!
sanmarusanは働く側にもメリットいっぱいなのでとてもオススメですよ。

まとめ

レンタル彼女ってどこまでのことをするのか、経験が無い人だとなかなかピンときませんよね。
また疑似恋愛が楽しめるサービスなので、「エッチはある?」という疑問も浮かびやすいです。

しかしレンタル彼女の目的は「デートをして恋人気分を楽しむこと」ですからね。
男性からすると少々物足りないかもしれませんが…エッチやキスなどは当然ナシなので、女性の方々はご安心を!

ただレンタル彼女の仕事も、実際は楽じゃありません。
行き詰まりや疑問を感じたら、試しにsanmarusanで頑張ってみては?

コメント