できる子はやってる!愛人交際クラブでの契約率を上げる交渉術

デートクラブ

大人の契約として割り切って愛人になるって女の子も結構いますね。
風俗などで働くよりも相手が一人なので安心ですし、いいパートナーに巡り合えば質の高い暮らしができます。
ただ愛人の契約を結ぶことって現代は結構難しくて、特にレベルの高いパパを見つけるのは大変です。
愛人交際クラブでいい人と効率よく契約するための交渉術についてお伝えしますね。

絶対にダメなあやふや契約

愛人交際クラブの中でも絶対にしてほしくない契約が何もかもがあやふやという契約です。
月々にもらうお手当の金額がしっかりと具体的に決まっていなかったり、月払いなのか都度払いなのか決まっていない、また振り込みなのか現金なのか、払いの日程が決まっていない・・・などのあやふや契約は必ずトラブルになります。

どんな交渉が必要なのか?

愛人契約する際にはお金のこと以外、どのくらいのスパンであうのか、拘束時間はどのくらいなのか、しっかりと内容を決めることも重要です。
愛人交際クラブで契約するのですから、「好きになった人が妻帯者でそれが愛人となった」ということではありません。
あくまでも契約として愛人となりますが、その中でも愛情をもって接することができる女性だということをアピールしながら契約をする必要があります。

自分の生活もしっかり組み込んで交渉しよう

愛人の契約を結ぶときに早く契約してほしいと思って無理な契約をしようとする子もいます。
愛人といっても生活がありますので自分の生活のベースを考えて交渉する必要があるのに、契約金額が大きかったりすると無理して会える回数を多くしたり、拘束時間を長くしようとする子も出てきます。
しかしこうした無理な契約は実際に愛人生活に入ってみるとうまくいかなくなり、契約違反で契約を切られることになります。

お金を払うことが前提の契約だと理解しておくこと

いい契約をつかみたいと思うあまり、相手の条件をいやいやながらも受けてしまう子もいます。
マッチングサイトなどで出会って交渉するのとは違い、愛人交際クラブに登録しているということは男性にとってお金を払うことが前提となっているので、消極的に交渉する必要は全くなく契約は「権利」として交渉すべきです。
金額の確認や契約内容をしっかり詰めないままで契約してしまうと交渉がうまくいってもトラブルになります。
いいように扱われないようにするためにも、交渉の主導権はこちらにあるという積極的な対応で契約しましょう。

お金の関係でも愛情をもって尽くせることをアピールして

お金や拘束時間などの契約内容を決めるときに、あまりにビジネスモードになると男性は本当に愛人的な存在として受け入れられるのだろうか?と不安になります。
こうなると交渉は決裂、結局契約できないことになるので女性としての魅力や気配りをしっかり見せるようにしてください。
時間を決めるときにも「この時間帯でご迷惑になりませんか?」と聞いてみたり、お金を決めるときにも「一緒にいる時間には心を尽くした時間になるようにしますね」と心配りのある言葉を残しましょう。

愛人契約が少なくなっていることも把握して

以前は50万の契約などざらにあった愛人契約ですが、最近は愛人契約をする経済的余裕を持った男性そのものが少なくなり、契約の金額も下がっています。
愛人契約そのものが少なくなっていますから、レベルの高い男性を見つけた時には交渉がとても大切な要素となります。
お金・お金・・とやっていると癒やしのある愛人生活ができそうにないと男性に感じさせるので、交渉はお金のことや時間的なことなど細かく決める中で温かく女性らしく行うことが必要です。

愛人じゃなくてもっと自由なセフレを求めるなら

セックスは自由恋愛!もっと自由にセックスを楽しみたいという女性ならsanmarusanもいいですよ。
アダルト系のマッチングアプリなんですけど、大人の関係を求める男女が利用するアプリなので気の合った人や同じ趣向の人とHなことができると評判です。
男性は月額制の一定額で利用できるというメリットがあり、何よりこうしたサービスについてお店を通さず利用できるという魅力があります。
登録制なので相手の素性もしっかりしていて安心という面も人気の秘訣です。

コメント